2005年03月07日

幻の腹心クリーチャー

某セッションのシナリオとして作ったボスキャラの腹心につけていたクリーチャーです。
シナリオの方向性をエロくない方に持っていく事が決定したためお蔵入りしましたが、お気に入りなので晒すことにします。

彼の戦術としては、ボスを相手から遮蔽できる位置に陣取ります。
PCの後衛はボスに任せ、前衛を間合い15の触手にてドレインしまくります。(笑
また、触手は間合いが15あるので迂闊に近寄れず、所くらましとダメージ減少がある為に遠隔攻撃はほぼ無視できるかと思います。
勿論近づくPCは《迎え撃ち》でドレインしちゃいます。
実際はボスのメイジアーマーの呪文を受ける予定なので不意打ちされない限りACは4高くなります。
こんなんで脅威度7はお得感が漂っているよな気がしますが、どんなもんでしょうか?
まぁ、ディメンション・ドアの能力が備わっていれば完璧なんですけれど・・・
ちなみにソウルイーターの生命力吸収は、「叩きつけ攻撃を受けたクリーチャーは」という一文が無いので接触攻撃でOKとしようと思ってました。

正直、自分のプレイング・グループでは使えないようなエロクリーチャーなのでどなたか使ってやってくださいまし。
できれば、使った感想も頂ければ幸せです。

─────────────────────────────────────────
フィーンディッシュ・ディスプレイサー・ビースト(7HDに強大化後、ソウルイーター1)
大型の魔獣
HD7d10+1d8+24(70hp)
イニシアチブ:+5(+5【敏】)
移動速度:40フィート
AC:19(−1サイズ、+5【敏】、+5外皮)、接触14、立ちすくみ14
基本攻撃/組みつき:+8/+17
攻撃:触手=+13(近接)
全力攻撃:触手(x2)=+13(近接)、噛みつき=+7(近接)
ダメージ:触手=1d6+5、噛みつき=1d8+2
接敵面/間合い:5フィートx10フィート/5フィート(触手は15フィート)
特殊攻撃:善を討つ一撃(+8)、生命力吸収
その他の特殊能力:所くらまし、遠隔攻撃への抵抗、暗視(60フィート)、[火]と[冷気]への耐性15、ダメージ減少5/+2、呪文抵抗16
セーヴ:頑健+20、反応+12、意思+5
能力値:【筋】20、【敏】20、【耐】16、【知】8、【判】13、【魅】6
技能:〈隠れ身〉+17、〈知識:秘術〉+1、〈聞き耳〉+10、〈視認〉+10
特技:《鋭敏感覚》、《武器熟練:触手》、《迎え撃ち》
属性:秩序にして悪
脅威度:7
7200GP分の装備品
posted by さぼりっこ at 00:07| Comment(9) | TrackBack(0) | D&D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月25日

e-toolsはイイツール(ベタ

買いました!!

英語が読めない私もなんとかPCとモンスターのジェネレートだけは出来ます。
本当に便利です。
何故もっと早く買わなかったのだろう?と自問自答する位。
多分もっと便利な機能が満載なんでしょうが、Helpを読む気力も無いし・・・

つか、読めよ<俺

最後に、日本語版E-Toolsが出たら夢のようだろうなぁ・・・
posted by さぼりっこ at 00:11| Comment(12) | TrackBack(5) | D&D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月20日

不浄なる暗黒の書ゲッチュ!

なんかコレやヴぁい。
滅茶苦茶やばくないですか?
何がって、ホラもう猛悪って感じ。

シナリオのネタが沢山あるけど、それ毎回やったら絶対プレイヤーは付いてこなくなりそう。

でも、一番ヤバイのはベリアルの股間ではなくて、その隣のフィアーナのお尻だと思う。
毛はみ出てるし(違
posted by さぼりっこ at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | D&D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月19日

モンク強化案

モンクを愛して止まないモンクラヴ!な自分としてはあのショボさをどうにかしたい。
で、滅茶苦茶厨臭い事は判ってはいるけどハウスルールを考えてみた。

クラス技能 1レベル時:(6+【知力】修正値)×4;レベルごとの技能ポイント:6+【知力】修正値
クラス技能の追加:〈視認〉,〈真意看破〉

ACボーナスは1/4クラスレベル+1とする。

特殊能力:
5レベル時会得+
"気"増幅
自己の気を練る構えを取ることによって、以下の3種類の効果のうち1つを得ることができる。
・防御の構え 反発ボーナスを得る。
・攻撃の構え 自己の攻撃を強化ボーナス扱いとする。
・鉄壁の構え ダメージ減少能力を得る。
"気"増幅を行うには1標準アクションが必要であり、効果を発するのは次のラウンドからである。
"気"増幅を解くのはフリーアクションである。
この効果は超常能力であり、全ての効果時間を合わせて1ラウンド/レベルだけ使用できる。
このラウンド制限を越えない限り、1日に何度でも使用できる。
但し、二つ以上の構えを同時に取ることはできない。
・防御の構え
1/5クラスレベルの反発ボーナスを得る。
・攻撃の構え
1/10クラスレベル+1の強化ボーナスを得る。
この効果は、"気"打撃と重複する。
・鉄壁の構え
ダメージ減少能力 クラスレベル/+1を得る。
この効果は即身成道とは重複しない。

2レベル時会得+
組み付き攻撃の熟練 1/2クラスレベルのボーナスを得る

8レベル時会得+
引っつかみ強化 組み付き攻撃を行う時に機会攻撃のチャンスを与えない

14レベル時会得
組み付き開眼 自分より1サイズ大きい敵への組み付きを行う際に+4のボーナスを得る

ムッハー!なんか"気"増幅とかかなりヤヴァイ感じ・・・
やっぱりOA買っちゃおうかなぁ。
posted by さぼりっこ at 23:20| Comment(3) | TrackBack(0) | D&D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月15日

妄想アンダーダーク(その3)

MMのノームの項を読むと、「スヴァーフネブリン」という亜種族が出てきます。
でもって、その解説に「地下深い大都市郡に住んでいて、この都市の位置を恐るべき仇敵(ドラウ、クオトア、マインド・フレイヤー)から守っている」と書かれています。
そこからイメージするディープ・ドワーフの都市ってなんかMatrixのザイオンみたい。
やっぱりノームだけに機械発明が得意でAPU(リローデッドでザイオン内で戦闘してたロボット)のような物を作って都市防衛に使っていたり。
でも、「スヴァーフネブリンが件の仇敵に狙われている理由ってなんだろう?」と考えてみるとやっぱりその技術力の結晶のようなアーティファクト(例えば都市の機能を維持するのに必要)なのかなと妄想。
そのアーティファクトがその3つの種族の覇権争いに大きな影響を及ぼすとしたら面白そう。

カッコイイぞスヴァーフネブリン!!
posted by さぼりっこ at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | D&D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月13日

昨日はセッションの日

長く、こっちの方はほったらかしにしてしまってましたが、地味に水面下で活動をばしていました。
昨日は一月ぶりのセッションの日ということで、無い頭を絞ってシナリオを考えてました。
結局、ホビージャパンの所からキャラバン警護隊をダウンロードしてスクラッチすることに。
スクラッチした所は、まず自分等のキャンペーンに合わせて町と道を設定し、チョロチョロと雑魚の数を増やしたりして後は後々の複線を敷く設定変更をして、ワンダリングモンスター表を作りワンダリング戦を設定したことでした。
このワンダリングモンスター表が曲者で、普通にある表を使おうとすると、1レベルのキャラクターではかなりの高確率で死人が出ることに・・・
という訳で、作りました。1レベル用の奴。
でもって、当日に備えてワンダリング表に乗っかっているモンスターのミニチュアを使える限り全て持っていきました。

当日は、道端をウロウロしているゴブリンをスリープで一気に落としたりと中々プレイヤー的には良い感じで開始したセッションでした。
しかし、彼等は致命的なミスを犯していました。
1つは「飛び道具持ってない」、2つは「モンスターのデータについて情報収集しない」という事でした。
ですので、遠距離から交戦が開始したりするワンダリング戦は飛び道具を持っている雑魚にメタメタにされたり、毎ラウンド5の再生能力を持つトロルに1レベルの前衛がメレーで真っ向勝負してみたりという良くも悪くも素人冒険者なロール(素でやっていましたが)でした。
『全滅させてもOKじゃないか?文句があるならこのシナリオ書いたライターに言え!でいいじゃん』との自身の黒い心の誘いを振りきり、かなり痛めつけた後に、弓矢持ちを引かせたり視認→判断力ロールでオカシナ事に気付かせたりしてしまいました。
でも、このプレイヤーに甘いジャッジってD&Dのマスター的にはどうなんだろうと思う日々・・・

しかし、最大の残念だった点は自分のワンダリングチェックが全然ダメでワンダリング戦が1発も出来なかった事。
あんなに苦労して1レベル用の表作ったのに。作ったのに。作ったのに。
活躍する場が・・・・

それと反省点は明らかなミスジャッジを2回ほどしてしまった事です。
まぁ、あまりセッションには影響無い部分とは言え勉強不足を感じさせられる毎日です。
posted by さぼりっこ at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | D&D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月23日

日本語版D&D3e環境

昨日、セッション終了後にプレイヤーの皆さんと今後の展開や希望について話し合った。
そこで出た意見が日本語版でのプレステージクラスの少なさ。
「D&D3e プレステージ 解説」でググってみると判るが、将来的にキャラクターは色々な上級職(プレステージクラス)に転職することができる。
けれど、そのプレステージクラスが現環境においてはあまりにも少ない。
自分もクラス本を導入したいのは山々だけど、英語が不得手であるしあやふやな翻訳でのデータを使用したくないという考えもある。

既にグレイホークでキャンペーンを始めているであろう多くの日本語ユーザーに追い討ちのように、「FRCSが翻訳」というアナウンスが。しかもクラス本が翻訳される気配まるでないし。

ホビー・ジャパソって、日本語から始めたユーザーを

 相 手 に し な い つ も り で す か ?


そこで、我等がグループの意見を表現してみた。
classbook

かなり古い表現のような気もするがキニシナイ事にする。
posted by さぼりっこ at 23:35| Comment(12) | TrackBack(0) | D&D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月22日

はじめての冒険

今日、プレイヤーもDMも3eをやった事が無いというメンバーで初セッションをやりました。
前回のキャラ作成の時には、PHB所持率が私を含めて2冊だったのに今回はたしか7人中4人持っていてDMとしては嬉しい半面、期待度の高さに兜の緒を締めなくてはという思いでした。

シナリオは、1レベルシナリオらしく村の倉庫に巣食う蟲供をブチ殺すというものでした。
シナリオを作る段階では、PCが6人もいるのでエンカウントの脅威度を上げようと思ったのですが、全員が初めてという事なので素でやってみました。
結果、最初はPC間の連携も全く無く私のダイス目も走ったせいもあってパーティーを何回か危機に陥れていたのですが、
後半になると、やはり6人パーティーの強みでガシガシ押されて、最終戦もあっけないものでした。

まぁ、今回のセッションでなんとなく脅威度の度合いが判別ついた(と思いこむ)ので次回は何人かを意識不明に持ちこむような戦闘を繰り広げたいと心に誓いました。
posted by さぼりっこ at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | D&D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。