2004年12月08日

新型プリンター

我が家では今まで、97年頃に発売されたプリンターを使っていた。
あの当時はカラーで印刷できる事自体が凄い事だったが、今となっては写真を印刷すると目茶目茶ショボい。
嫁さんにも、年賀状ショボいとなじられる始末。

で、買いましたさ。某コピーもスキャナも出来て、単体でもデジカメから印刷できる奴。
そして試しに印刷してみたら「これ、写真ちゃうの?」な出来にうっとりですよ!!
流石、7年も経てばプリンターの性能もあがるんだなぁとしみじみ思う。

来年は、カラーのフロアタイルを印刷してセッションか!?と思うが、印刷コストがねぇ・・・
プリンターの値段の1/10以上を占めるインクの値段ってなんですか?

来年はミニチュアだけじゃなくてインク代にも泣きが入りそうです。
posted by さぼりっこ at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
モノによっては本体価格の75%をインクが占めるものもあり申す。> プリンタ
プリンタ本体は投売りで (PC におまけでつける量販店もあるし)、インクで儲けを出してるのが実情のようですね。
Posted by レッチェの中身 at 2004年12月09日 01:05
プリンターって、携帯電話みたいな売り方してるんだ・・・
貧乏人の私には、そんなランニングコストの高いものはもういやんな感じ(涙
Posted by さぼりっこ at 2004年12月12日 22:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。