2004年08月31日

妄想アンダーダーク(その1)

グレイホークワールドガイドは買ったけど、フラネスの地下(つまりアンダーダーク)についてはワールドガイドでもほんの少し言及しているに過ぎない。
しかも、アンダーダーク本は3.5eのもので、いつになったら翻訳されるのか皆目見当もつかない。
という事で、俺イホークのアンダーダークについてはMMとかに記述されている僅かな部分から妄想を働かして創造することにしてる。
補足説明すると、アンダーダークっていうのは、ダークエルフ物語とかの本を読むと出てくるんだけど(俺は未読)要するに地下の世界のこと。

とりあえず今自分等が住んでる地球は生卵に似てる。
地球の場合は人類が踏破出来そうな部分は、生卵の殻の部分に該当する地殻しかない。
残りは全部超高温・超高圧力のマントルとかコアとかそんなんばっかりだ。
いくら[火]への完全耐性のあるグレート・ワーム・レットドラゴンだって、マントルの超高温には耐えられても超高圧には多分耐えられなくて、両手で紙風船を潰すみたいにペシャンコになっちゃうと思う。[圧力]への耐性を持ってるって書かれてるクリ−チャーはさっぱりいないしね。

で、多分D&Dの世界には地殻とかマントルとかそんなのは無くて(もちろん高圧力も)、地面から下は全部地殻なんだと思う。
その地面の下には洞窟が日本がすっぽり入る位大きなものからネズミがやっと潜れる位の小さなものまで縦横無尽に張り巡らされていて、地上に様々な地形があるように洞窟にも様々な地形があるんだと思う。
例えば、
・地底湖というより地底海というような湖や川。
・菌類が森のように生い茂るナウシカの腐海のような場所。
・大きな水晶の結晶が至る所に突き出している場所。
・流砂がいつも渦巻いている砂漠のような場所。
・溶岩の海や川。
・猛毒やそうでないガスがあちこちから噴出している死の大地。
・間欠泉のように高温の熱水が噴出したり一定間隔で濁流のように流れる場所。
・ドラウエルフや、イリシッド、その他の種族の都市。
・何らかの理由で捨て去られたりして廃墟となった都市。

もちろん、天井には星のように光る苔やキノコ、蛍などが居たりして地上の夜と変らない風景だったり。
空中にも深海魚なのか、鳥なのか、蟲なのか判別がつかないような光りを発する生き物が浮遊というか泳ぐように飛んでいたり。
そんなのが、洞窟深く潜った先にぱぁぁっと広がったりして。

もう、アドヴェンチャーってな感じですな。
続きを読む
posted by さぼりっこ at 00:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月30日

ゲームぎゃざとD&D

今現在、日本語でD&Dをサポートしている雑誌はゲームぎゃざという雑誌だけだ。
けれどこの雑誌、メインはトレーディングカードでD&Dの記事といえばほんの3〜4ページ。
この数ページだけで「サポートされてる」だなんて、何もサポートされてないよりはマシというレベル。
トレカやトレカゲームに全く興味の無い俺に、これだけの記事で780円も出せというのか・・・
つまり、1ページあたり200円とかそんなレベルだよね。
ミニチュアやサプリで精一杯な自分としてはとても買えない値段だ。
しかも、ぎゃざを買ったところで「俺はD&D日本語版を応援してるぜ!!」という気持ちは正直HJにそんなに伝わらないと思う。
ただ、FAQとかの記事を手元において置きたい身としては購入するしかない。
で、どうしたかといえば「ブックオフで中古を購入して記事だけコピーして売り払う」という手段に出ている。
この方策でも1ページあたり100円位かかってしまうのだけれど、780円で買うよりは精神衛生上良いや。
どうにか、「日本語版D&Dを応援してるよ!」と金銭面で賛同表示をしたいのだけれど、現状はムリポ。
まぁ、季刊誌でいいのでTRPGだけの冊子を出して貰えればベストなのだけれど、それだけじゃ赤になるんだろなぁ・・・

追記:とりあえずアンケート葉書は書いてるよ。嫌がらせに近いような気もするけど。
posted by さぼりっこ at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月27日

モンク・LOVEな俺

自分はモンクというクラスが好きだ。某サークルの人がファイターを、そして某サイトの人がレンジャーを愛するように、自分はモンクを愛している。
けれど、3eでのあの扱いはなんだ!?どのサイトの前衛クラスレビューを見ても、

バーバリアン:装甲薄いけど、そこ気をつければいいんじゃない?
パラディン:属性考えなければ最強だね!!
ファイター:正直一本伸ばしはヤヴァイけど、特技取るなら良い感じだよ。
レンジャー:けっこう微妙だね。1レベルだけ取って2刀流の軽戦士もいいね。まぁ、物足りなければモンテ導入すればいいじゃん。
ローグ:装甲薄いしヒットポイントも低めだけど、「ここぞ」という時の急所攻撃は最高だね!!

ってな感じで書いてあったりする。
・・・え?モンクいないじゃん。モンクどこよ??っつうか、技能系クラスのローグが載っていてモンクが載ってないのはなんでだよ!!!!
っていつも思う。

だってさ、ブルース・リーの映画とかジャッキーの古い拳法ものとか、今であればトニー・ジャーのマッハ!!!!!!!とか見てみりゃいいさ。
もう、映画終わった頃には精神がどっぷりモンクにかぶれている訳で、軽いステップを踏んでみたりちょっと構えをとってみたり、人によっては奇声まであげたりしてるじゃん。
そこまで人を虜にする「拳法の達人=モンク」が弱い・使えない・パーティーで虐待されるって一体どういう事よ。
クラシックD&Dでは素手で戦うミスティックがあんな卑怯なくらい強かったのになんで3eじゃモンクが弱いんだョ。強さはサイオニクスの連中に持っていかれて、素手で戦える事と足が速いだけという取柄しか残らなかったのかと問いたい。(ミスティックがモンクの前身かどうかと問われれば絶対違うと思うけど)

使えるモンクにするならオリエンタル・アドベンチャーというのがどっかのサイトに書いてあったけど日本語版*だけ*を使用する環境であれば、見通しはすごく暗いんだよね・・・
posted by さぼりっこ at 18:23| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

びびった

今日、のほほんと2chの卓ゲ板を覗いていたらなんか見覚えのある絵って、この前作った絵が貼られていた。
でもって、「これの3コマ目は事実?」と来たからこりゃヤヴァイと思ってあわてて書き込みをした次第。

ところで、今日リディックを見てきた。
ヴィン・ディーゼルは相変わらず渋い声で、良い感じ。
肝心な内容は良くも悪くもコンパクトにまとまっているし、リディックも予告では「悪人」呼ばわりされてるのにサッパリ悪を感じさせない。
という事から60点というトコロかなぁ。
ただ、映像やセットは砂の惑星ディューンを彷彿とさせる良いデザインでした。

でも、ヴィン・ディーゼルってピッチブラックにも出てたんだっけ?
そう思い調べてみると、ちゃんと出てました
いやぁ盲点。
ヴィン・ディーゼル=ワイルド・スピードからだとばかり思っていたので機会があればもう一度見てみようと思う。
そうそう、キーラ(ピッチブラックではジャック)は流石に違う配役でした。

最後に、「ネクロモンガー」ってネーミングセンスは正直かっちょわるい。
posted by さぼりっこ at 00:51| Comment(5) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月23日

日本語版D&D3e環境

昨日、セッション終了後にプレイヤーの皆さんと今後の展開や希望について話し合った。
そこで出た意見が日本語版でのプレステージクラスの少なさ。
「D&D3e プレステージ 解説」でググってみると判るが、将来的にキャラクターは色々な上級職(プレステージクラス)に転職することができる。
けれど、そのプレステージクラスが現環境においてはあまりにも少ない。
自分もクラス本を導入したいのは山々だけど、英語が不得手であるしあやふやな翻訳でのデータを使用したくないという考えもある。

既にグレイホークでキャンペーンを始めているであろう多くの日本語ユーザーに追い討ちのように、「FRCSが翻訳」というアナウンスが。しかもクラス本が翻訳される気配まるでないし。

ホビー・ジャパソって、日本語から始めたユーザーを

 相 手 に し な い つ も り で す か ?


そこで、我等がグループの意見を表現してみた。
classbook

かなり古い表現のような気もするがキニシナイ事にする。
posted by さぼりっこ at 23:35| Comment(12) | TrackBack(0) | D&D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月22日

はじめての冒険

今日、プレイヤーもDMも3eをやった事が無いというメンバーで初セッションをやりました。
前回のキャラ作成の時には、PHB所持率が私を含めて2冊だったのに今回はたしか7人中4人持っていてDMとしては嬉しい半面、期待度の高さに兜の緒を締めなくてはという思いでした。

シナリオは、1レベルシナリオらしく村の倉庫に巣食う蟲供をブチ殺すというものでした。
シナリオを作る段階では、PCが6人もいるのでエンカウントの脅威度を上げようと思ったのですが、全員が初めてという事なので素でやってみました。
結果、最初はPC間の連携も全く無く私のダイス目も走ったせいもあってパーティーを何回か危機に陥れていたのですが、
後半になると、やはり6人パーティーの強みでガシガシ押されて、最終戦もあっけないものでした。

まぁ、今回のセッションでなんとなく脅威度の度合いが判別ついた(と思いこむ)ので次回は何人かを意識不明に持ちこむような戦闘を繰り広げたいと心に誓いました。
posted by さぼりっこ at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | D&D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月13日

サイト立ち上げへの軌跡

始めにこのサイトを立ち上げるまでに私が辿った恥かしい経緯をココに晒します。
つか、長すぎ。そしてミニチュアネタばっか・・・

・2002年 秋
Yahooか何かのニュースサイトにて、D&D3eをベースにしたネバーウィンターナイツというPCゲームが日本語化されることを知る。
また、D&DというTRPGはAD&DとD&Dの2本立てではなく、D&D3eという新しいバージョンになっている事を知る。
そして、版権元がTSRでは無くWotCになり、新和が倒産していることにショックを受ける。(その後、AD&Dが日本語化されていた事にも驚く)

・2002年 冬
ネバーウィンターナイツ関連のサイトにて、D&D3eのルールブックが日本語化される事を知り、懐かしさの余りHJオンラインショップへ注文する。

・2002年 年末
注文していたPHBが届く。あまりの変わり様に驚愕しつつもルール一通り読破。
TRPG仲間が身近に居ない為、キャラ作成をしたり一人でモンスターとの戦闘をシミュレートしてみたりして、妻から薄気味悪がられる。

・2003年 初春
WEBにてD&Dのサイトを検索し、巡回し始める。D&D3eにはプレステージクラスやら豊潤な世界設定やらサプリメントという拡張ルールが沢山あるという事に今更ながら気づく。
猛烈にやってみたい気持ちになり、現住所付近にてやっているサークルを探すも、田舎な為一つも発見できず断念。

・2003年 春
HJオンラインショップは送賃がかかる為、DMG以降の購入はAmazonから行うことにする。
マジックアイテムが自作できる事が明確に記されていて、夢が広がる。
これ以降、ルール・サプリが出たら即買いという思考ルーチンが出来上がる。

・2003年 晩秋
WotCよりハービンジャーミニチュアセットが発売される。
最初は1セットとか2セットとか可愛く買っていたが、数ヶ月後には10セット等の大人買いをするようになり、家計を圧迫しはじめる。
そこで、「予定数を買ったらたとえ欲しいレアが出なくても我慢」の鉄則を心に強く定める。

・2004年 初春
ドラゴンアイが発売となる。金欠の為予定数まで買えなかったが、一番人気のLarge Red Dragonを引き小躍りする。
ネットにてセッションを行う方策を探り、試験的にやってみる。
次元界の書やグレイホークワールドガイドを読み、未知の世界に思いを馳せる日々が続く。

・2004年 春
殺人的に仕事が忙しくなり、TRPGどころではなくなる。
ネットのセッションも放置することとなり、皆さんには申し訳なく思う日々。

・2004年 5月
ドラゴンアイが売り切れとなり、アマゾンへ残りの予定数を予約。
同時に、アークフィエンドも予定数まで一気に注文する。

・2004年 6月
アークフィエンド一番人気のLarge Silver Dragonが入っておらず、しかもAspect of Baneが3体も被りガッカリ・・・
で、いつまでも一人でウジウジしているのも良くないと一念発起した。
つまり、「やっている人がいなければ、やった人を作ればよい。」という事で、隣県にあるサークルっぽい所(D&Dはやってない)
に所属してみる。
TRPGなんて久しくやってないし、ましてやD&D3eなんてルルブ見たりしてるだけなのでDMなんて出来るのか!?という不安は常に残るが。

・2004年 7月
Giant of Legendを購入。結果、12パック購入するも、HugeRareが1体のみという寒い結末に涙する。
嗚呼、幻のHuge Red Dragon・・・

・2004年 8月
5月頭に注文を入れていたドラゴンアイキャンセルのメールがAmazonから届く。
怒りに任せた勢いで海外サイトからの個人輸入を果敢に試みる。


そして、サイト開設。
posted by さぼりっこ at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月12日

ハローハロー

昔から色々なサイトを見てお世話になっているけど、自分からも何かを発信することが大事なように思えてきた。
という訳で、勢いで作ってみました。
まぁ、適当にやってみます。
posted by さぼりっこ at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。